発毛剤によく含まれる成分『ビオチン』の働きと役割とは?

ビオチンは、髪が黒くなるために必要なメラニンを作るチロシンをサポートする役割を果たしています。
別名ではビタミンHと呼ばれているビオチンですが、その別名がついた理由は皮膚や髪に良い栄養素とされていたからです。
ドイツ語では髪をHaarで皮膚をHautと言うため、頭文字のHが別名の由来となっています。

 

体内での働きで最も有力な説は、ケラチンをサポートするということです。
ケラチンは髪だけでなく皮膚や爪を構成していますが、活躍する前に合成という段階を通ります。
十分な量が合成されないと爪や皮膚が脆くなったり、メラニンの量が減るので頭髪が白くなったりします。

 

合成量が十分に行われるように、ケラチンのサポーターであるビオチンを補うことが良いといわれています。
ビオチンはさまざまな食材及び食品に含まれているため、適切な食事量を一日の中で摂取している人は不足することはないとされます。

 

体内での不足が稀な状況であることから、不足が進むと欠乏症が発生する可能性があります。
欠乏症になると抜け毛が増加することが知られており、髪の毛が細く弱くなったり白髪の増加が起きます。
色んな食べ物に含まれていることから、不足や欠乏症が主原因として白髪になることは珍しいとされます。
ビオチン欠乏症かも…?というかたはビオチンサプリメント ランキングをチェックしてみるのがおすすめです。

 


欠乏や不足が原因だとしたら、髪だけでなく皮膚や爪などにも何かしらの変化が現れます。
皮膚にはニキビや湿疹などが生じやすくなり、爪は脆くなるため割れたり欠けたりしやすくなります。
他にも、食欲不振・筋肉痛・神経障害などが起きやすくなることが指摘されています。

 

白髪に効果を現すという説には、科学的根拠が少ないことが現実にはあります。

 

しかし、医療技術が発達しているアメリカでは科学的根拠を証明したデータが残されています。
そのデータには、円形脱毛症のある子どもに合成ステロイドホルモンクリーム・亜鉛サプリメント・ビオチンサプリメントを摂取させた結果に抜け毛が減少したという記録があります。

 

このことから、髪への良い効果に存在する確実性が考えられるようになります。
抜け毛に関するデータは1999年に行われた実験によるものですが、1998年には爪の実験が牛で行われて、この実験でも実証となる効果が現れたようです。

 

白髪の改善では必要な栄養素について考えることも大事ですが、最も重要なことは生活習慣です。

 

 

白髪改善に良いとされる成分は適切な食事を摂取していれば不足しないものなので、食事の量が異様に少ない・偏食・血流が悪い・ホルモンバランスの乱れが生じる状態にある又は強いストレスが持続しているなど、見直すべき点を見直すことが白髪の予防改善のために必要となります。